2014年04月29日

ショキタテナガノエラヤドリ

前回紹介しましたショキタテナガエビの鰓腔(頭胸甲と鰓の間)に寄生する甲殻類の一種です。等脚類(ダンゴムシの仲間)に属します。その存在は古くから知られていたようで、私自身もちょうど今から20年前に西表島でショキタテナガエビを見つけた際、本種に寄生された姿を見て「気持ち悪いなぁ」と思った記憶がありますが、新種記載されたのは2010年と比較的最近のことです。

寄生された側の頭胸甲は膨らみ、淡く黄色い姿が透けて見えますので、寄生されていればすぐにわかります。
ショキタテナガノエラヤドリ1.jpg

鰓腔から取り出した姿です。これは背面です。
ショキタテナガノエラヤドリ2.jpg

そしてこれは腹面です。頭は左側、腹部は右側で、体の両側には小さな脚が並んでいます。なお、写真の個体は雌ですが、腹部には体が細くて小さい雄がくっついています(分かりにくいですが、雌の腹部中央に頭を左にしてくっついています)。どのタイミングでショキタテナガエビに寄生するのか、どうやって繁殖し雄と雌が出会うのか、不思議ですね。
ショキタテナガノエラヤドリ3.jpg

ショキタテナガエビは西表島固有種でありますので、本種も西表島固有種です。かつては気持ち悪いなと思ってしまいましたが、その希少性に加え、改めて見ると丸っこて脚も短く、なかなか可愛らしく思えてきました。

posted by 源五郎 at 08:18| Comment(0) | 甲殻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

ショキタテナガエビの額角

西表島固有のテナガエビで、河川の上流に生息しています。国内唯一の陸封のテナガエビであり、孵化したゾエア幼生は海に下ることなく河川に留まり変態します。
額角はほぼ真っ直ぐで木の葉状をしており、歯は上縁に10〜12(写真の個体は10)、下縁に2(写真の個体も2)あります。
ショキタテナガエビの額角.jpg

posted by 源五郎 at 20:14| Comment(0) | 甲殻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

2014年04月07日

アシブトカタビロアメンボ

日本固有種で、宮古島・石垣島・西表島から確認されています。宮古島からの記録は青柳(2013)のもので、比較的最近になって見つかったものです。
体長は約3oで、脚の基部は黄色いですが、体は光沢のない黒色です。
河川上流部の淀みで、成虫・幼虫ともに群れを成して水面を素早く泳いでいます。

これは本種の雄です。
アシブトカタビロアメンボ1.jpg

そしてこれは雌です。
アシブトカタビロアメンボ2.jpg

本種は左右の複眼が大きくて、体が黒く、脚も長めで、個人的にはちょこっと苦手な形態をしています(普通に触れますけど)。この苦手なイメージ、以前にも経験あるなと思ったら、キマワリに対するイメージと同じでした。一応、虫屋の端くれですが、どうもキマワリだけは苦手で触れないのです。
posted by 源五郎 at 19:32| Comment(2) | 水生半翅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする