2014年10月16日

キタヒメアメンボ

国内では北海道と東北地方に分布するアメンボです。体長は9〜12oで、最普通種であるヒメアメンボに似ていますが、ヒメアメンボの触覚は主に茶色であるのに対し、キタヒメアメンボでは黒いこと(ただし、下の写真では触覚が光を反射して白っぽく見えている)で区別できます。またヒメアメンボは長翅型のみであるのに対し、キタヒメアメンボでは写真の個体のように短翅型も現れることでも区別できます。

本種は寒冷地を好むようで、平野部を好むヒメアメンボとは生息環境も異なるようです。
キタヒメアメンボ2.jpg
posted by 源五郎 at 01:02| Comment(0) | 水生半翅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする