2015年04月19日

タカアシガニを食べる

タカアシガニは世界最大の節足動物です。静岡県伊豆半島(西伊豆方面)では名物として、旅館や料亭で高級食材として用いられています。
それに対し、私の故郷遠州地方(静岡県西部)では、それほどまとまって採れないことに加え、名物とされていないことから漁獲されても高値で取引されることはありません。
先日のこと、私の両親から「あんまり大きくなかったけどヘイケ(平家蟹=タカアシガニの地方名)を1匹180円で買ってきた」という連絡がありました。
180円…いくら浜値とはいえ、デパ地下の鮮魚コーナーにたまに置いてあるサワガニより安いんじゃないかと思うような値段です。
このタカアシガニですが、私自身、幼い頃食べたことがあるものの、あまり美味しいという記憶がありません。でも、改めて食べてみたら美味しいかもしれませんので、さっそく送ってもらいました。
送られてきたタカアシガニの足はすでにゆでられていましたが、殻からずるっと肉を引き抜き、コンロで焼いてみました。そして出来上がったのがこれです。
焼タカアシガニ.jpg

さすが、世界最大と言われるだけあって、小ぶりの個体であっても、食べごたえは十分です。
で、さっそく食べてみましたが、「うん、まあ、まずくはないけれど…」というのが感想でした。料理法にもよるかもしれませんが、なんというか、カニの旨味が足りない気がします。

個人的には、遠州地方で採れるカニで言えばササガニ(ガザミの地方名)ついで上等兵(ジャノメガザミの地方名)が好きですね。

でもネットで調べてみますと、タカアシガニも「美味しい」という評判も多いです。一度、美味しく料理されたタカアシガニも食べてみたい気はします。
posted by 源五郎 at 13:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする