2015年07月19日

ツヤセスジアメンボ

国内では大東諸島と八重山諸島に分布するアメンボの一種です。
抽水植物間を好み、開放水面にはあまり出てきません。

これは雄の有翅型です。
ツヤセスジアメンボ有翅型雄.jpg

そしてこれは雄の無翅型です。
ツヤセスジアメンボ有無翅型雄.jpg

次にこれは雌の有翅型です。
ツヤセスジアメンボ有翅型雌.jpg

そしてこれは雌の無翅型です。
ツヤセスジアメンボ無翅型雌.jpg

交尾の様子です。
ツヤセスジアメンボの交尾.jpg

水草に産み付けられた本種の卵です。孵化が近く、発生が進んだ胚(孵化する前の幼虫)が透けて見えます。
不可直前の卵.jpg

1齢幼虫です。卵に脚と触覚がくっついたような格好をしてます。
1齢.jpg

2齢幼虫です。
2齢.jpg

3齢幼虫です(2015年8月26日追記)
ツヤセスジアメンボ3齢幼虫.jpg

4齢幼虫です(2015年8月26日追記)
ツヤセスジアメンボ4齢幼虫.jpg

最後にこれは終齢幼虫です。(2015年8月26日写真差し替え)
ツヤセスジアメンボ幼虫2.jpg
posted by 源五郎 at 08:03| Comment(0) | 水生半翅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする