2015年10月16日

チカヌマエビ

前回に引き続き、地下水性のエビを紹介します。
このチカヌマエビは、国内では南西諸島に分布し、海とつながっている洞窟などの汽水域で生活しています。
体長は2pにも満たず小型で、ほっそりとした体形をしています。ほぼ透明で、内臓部分が透けて見えます。
ちなみに写真の個体のオレンジ色の部分は卵巣です。
チカヌマエビ.jpg

地下水性で目は退化していますが、全く消失しているわけでもありません。この目でどの程度まで見えるのかは分かりませんが、光を感受するくらいの機能はあるのかなと思っています(そうでなければ、間違って明るいところに出てしまうこともあるかもしれませんし)。
チカヌマエビ3撮影日異なる.jpg
posted by 源五郎 at 12:34| Comment(0) | 甲殻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

オハグロテッポウエビ

国内では南西諸島に分布する地下水性のテッポウエビの一種です。
海岸近くの地下水、いわゆる陸封潮溜りで見られます。ぱっと見た目はテッポウエビというよりもヌマエビの仲間に見えます。
オハグロテッポウエビ.jpg

これは抱卵個体です。
オハグロテッポウエビ2.jpg

頭胸甲を腹側から見たところです。口が黒くて、和名の通り「お歯黒」であることがわかります。
オハグロテッポウエビ.jpg


posted by 源五郎 at 00:24| Comment(0) | 甲殻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする