2011年01月01日

サワガニ

あけましておめでとうございます。
今年最初に紹介する生物はサワガニです(本種を正月に紹介することに特に意味はありません)。
本種は、地域によって、または個体によって色彩が異なります。この色彩の違いは遺伝的なものと言われていますが、勉強不足で私はよく知りません。
まずは赤型のサワガニです。最も普通にみられ、から揚げ等で食用にするのはこの色のタイプです。
ブログサワガニ赤型.jpg
これは青型の個体です。静岡県の伊豆ではシロガニと呼んでいる地域がありました。この色のタイプは食用にはしないそうです。
ブログサワガニ青型.jpg
これは茶型の個体です。あまり目にすることはありません。このタイプも食用にするとは聞いたことはありません。
ブログサワガニ茶型.jpg
最後に、これは紫型です。このタイプも食用にしないようです。きっと味は変わらないのでしょうけど、確かに、赤型のが一番美味しそうな気がします。これらは火を通したら色はどうなるのでしょうか?
ブログサワガニ紫型.jpg

posted by 源五郎 at 01:33| Comment(2) | 甲殻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます.
カニってゆでればみんな赤くなるんじゃないですか?アスタキサンチンがどうたらこうたらって話だったと思います.
シロガニって初めて聞きました.確かに特徴的ですからね.地方名も付きやすいかな.
個人的に元旦から二日にかけて投稿していたので大丈夫か(何が?)と心配になりましたが.問題はなさそうですね.
Posted by 魚屋 at 2011年01月04日 21:30
あけましておめでとうございます。
白型のサワガニはアスタキサンチン持ってなさそうじゃないですか?
今度試してみようかな…
ブログ、毎日アップしようと思い正月も頑張っていたのですが、正月明けになってからサボってしまいました。
Posted by 源五郎 at 2011年01月05日 13:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。