2011年02月05日

アシブトメミズムシ

南方系の半翅類です。
一応、水生昆虫として扱われることが多いですが、海岸の流木や石の下などに生息しています。
体長は1p程度とそれほど大きくはありませんが、タガメに似た形態と、少し歩いては止まり、また歩いては止まり、といった動きがかわいらしく、わりと人気がある昆虫です。
海岸に生息するといっても、波打ち際にはいませんし、汀線から離れた海浜植物が生い茂るような場所にもいません。海浜植物が茂る場所よりもほんの少し手前の、ゴミや流木が点在するような場所で、ひっくり返すとやや湿っていて、ヨコエビやハマダンゴムシなんかがいるようなところにみられます。
でも、そういった場所でも、かなり湿っていたり、反対に乾燥気味でもいません。どの程度の湿り具合がよいのかは言葉では表現しにくいですが、慣れれば「いそう」な場所が分かってきます。ですが、「いそう」な場所に必ず生息しているというわけでもなく、真剣に探さないと見つけられないことが多いです。
ブログアシブトメミズムシ.jpg

2015年5月3日追記
アシブトメミズムシを前からみたとこです。
以前にも書きましたが、こうしてみますとタガメっぽいのがわかります。
アシブトメミズムシ頭部.jpg

これは腹面です。ひっくり返すと、後ろ足を器用に使ってコロンと起き上がります。この写真を見て、何かに似ているなあと思ったのですが、それは「ザニカ」でした。ご存知ない方はスルーしてください(笑)。
アシブトメミズムシ腹面.jpg

最後にこれは4齢なのか終齢(5齢)なのかわかりませんでしたが、本種の幼虫です。
アシブトメミズムシ幼虫.jpg
posted by 源五郎 at 01:25| Comment(3) | 水生半翅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初コメです。
こいつを見たくて一昨年の夏の炎天下の中、ある南の島で探しましたが空振りでした。。。一度は見たい虫です。見やすい時期なんかはあるんですか?
Posted by 海獣 at 2011年02月05日 20:28
海獣さん、コメントありがとうございます。

アシブトメミズムシの見やすい時期があるかどうかはちょっと分かりません。おそらく、1年中見られるのではないかと思います。

詳しく調べたわけではありませんが、いない浜ではどんなに探しても見つからない傾向があります。

あと、砂に深く埋もれている流木の下にはいません。簡単にひっくり返せて、下にハマダンゴムシやヨコエビ、海浜性のハネカクシなんかがいるような場所にいます。

以上、参考になれば幸いです。
Posted by 源五郎 at 2011年02月06日 13:03
一年中ならまた南に行く機会がある時には探してみたいと思います。
ありがとうございます。
Posted by 海獣 at 2011年02月06日 15:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: