2011年03月02日

オオミズスマシ

オオミズスマシ属の1種で、止水性のミズスマシです。
体の縁が黄色いこと、翅に2対のトゲがあることなどで、他種との区別は容易です。
減少度合いは低いように感じますが、本種の生息地も他の止水性ミズスマシと同様に減少傾向にあります。
ブログオオミズスマシ.jpg

2013年6月11日追加
オオミズスマシの終齢幼虫です。頭部は小さく、体側には鰓突起があります。ゲンゴロウ類の幼虫と異なり、水中の酸素で呼吸するため、尾部を水面に出すことはありません。
オオミズスマシの終齢幼虫.jpg
posted by 源五郎 at 01:21| Comment(0) | ミズスマシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: