2011年06月16日

チャイロチビゲンゴロウ

体長は約3oで、国内では本州以南に分布するゲンゴロウです。
一般には、海岸にあるタイドプールや海岸近くの湿地など、塩分のある場所に好んで生息していますが、水田や、山間部にある日当たりの良いしみだし水でも採集したことがあります。
あまり目にする機会は多くはありませんが、生息地では普通に見られます。
体色も淡くてなかなかカッコイイゲンゴロウです。
ブログチャイロチビゲンゴロウ.JPG
posted by 源五郎 at 13:28| Comment(2) | ゲンゴロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
福岡県在住の中学3年のものです。
先日、福岡県の某ため池でチャイロチビゲンゴロウを4匹ほど確認しました。そこは標高320m、海からはざっと12Kmのところにあります。ゲンゴロウ図鑑では海岸から500mくらいまでが生息範囲と書かれていました。
本ブログで山間部でも見られる、と書いてあったのですが、どのくらいの場所で見られたのでしょ?差し支えなければ教えてもらいたいです。
Posted by エゾ ゲンモ at 2015年11月12日 23:32
エゾ ゲンモ様
はじめまして。
私が山間部で見たのは石垣島で、海岸からは1.2qの距離のところでした。標高は50mほどでしたが、標高150mほどの山の谷間の場所でしたので、景観としては山間部という意味で書きました。
標高320mというのはチャイロチビゲンゴロウの生息地としては非常に高いと思いますよ。そんな場所にも生息しているのですね。
源五郎
Posted by 源五郎 at 2015年11月17日 17:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: