2011年09月08日

エゾコオナガミズスマシ

北海道に産するコオナガミズスマシの近縁種です。コオナガミズスマシと同じく体長は6mmほどで、ぱっと見た目では区別がつきません。図鑑では、本種は「頭部の前半はしわ状に点刻が密布されている」ことで区別されるとありますが、私自身確認していません。単に、コオナガミズスマシが分布していない北海道で採集されたので本種としたものです。時間を見つけて、形態の比較をしてみたいと思います。
生息環境もコオナガミズスマシと同様で、流水域の流れが緩やかな場所にみられます。いる場所には数個体がまとまって泳いでいることが多いですが、群れているというよりは、好みの生息環境の場所に結果的に集まってきているようにも見えます。
ブログエゾコオナガミズスマシ.jpg
posted by 源五郎 at 21:30| Comment(0) | ミズスマシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。