2012年02月29日

コブイトアメンボ

国内では南西諸島に分布するイトアメンボ科の一種です。
この写真の個体はメスです(2015年4月27日差し替え)。
コブイトアメンボ雌.jpg

イトアメンボの仲間はどれも似ていますが、このコブイトアメンボは、オスの体長が約12o、メスの体長が約13ミリで、体の大きさから見ても(種としての)イトアメンボと非常によく似ています。

下の写真のように、オスの腹部(第7腹板上)には和名の由来となる1対のコブ状突起があることで、それがないイトアメンボと区別することが可能です。
ブログコブイトアメンボオス腹部.jpg

本土を中心に分布するイトアメンボが全国的に姿を消している中、南西諸島に分布するこのコブイトアメンボもなかなかみることができなくなっているように思います。その原因はやはり水田の消失にあると思います。

2015年4月27日追記
これは本種の終齢(5齢)幼虫です。他種と比較して緑色が強いです。
コブイトアメンボ終齢幼虫.jpg


posted by 源五郎 at 09:16| Comment(0) | 水生半翅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。