2012年05月08日

一休み31(淡水二枚貝を食べてみました)

イシガイ目の淡水二枚貝については、私は存じませんが、国内でもまだ食べている地域もあるでしょうし、おそらくかつてはいろんな地域で食用になっていたと思います。私の出身地である静岡県でも、食文化に関する資料を読むと、かつてドブガイは「あっかい」と呼ばれ、「ぬたや味噌汁の実とされおいしい」とあります。
でもシジミと比べて、食べているという話をあまり聞かないのは、激減して食用にするほどいなくなったことも大きいでしょうけど、やっぱり味がイマイチだからではないかと思います。
 
ということで、実際美味しいのかどうか、種名はちょっと伏せておきますが、淡水二枚貝(イシガイ科)を食べてみました。
この仲間は泥の中に棲んでいますので、しばらく(今回は1か月くらいも)バケツの中に入れ、頻繁に水替えをして泥抜きをした後、開いて身を取り出しました。でろっとしていて、見るからに美味しくなさそうでした…。

フライパンにごま油をひき、塩コショウをふって炒めると、みるみる小さくなっていきます。
そして最後に、香りづけに醤油をたらしてできたのがこれ(3個分)。

淡水二枚貝炒め.jpg

ここまでしてしまうと、なんだか美味しそうです。

で、早速食べてみましたが…


マ・ズ・イ

生きたイシガイ科の仲間を開いてみると、うまく言葉では表現できないのですが、泥っぽい臭いに加え、なんというか、饐えた(すえた)ような?臭いがするのですが、その臭いが喉を通る瞬間に口の中にしっかり残りました。

まあ、でも良い経験でしたし、もしかしたら料理次第では美味しいかもしれません。
どこかできちんと料理されたものが出てきたら是非またチャレンジしてみたいです。
posted by 源五郎 at 21:51| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一度食べてみたいと思いながら、まだ
躊躇していますが、不味そうですね・・

昔はよく食べてた、という人に何人も会いましたが、
その全員が、おいしくない、と言っていたので、
ちょっとビビッてます。。
Posted by おいかわ丸 at 2012年05月09日 18:33
おいかわ丸様
この手のものは、食べてみたら意外にも美味しかった、なんてことも多いですけど、淡水二枚貝はイマイチだと思います。
ブログに書きましたように、あの独特の臭いがしっかり残ります。
でも是非試してみてください。で、美味しい料理法があれば教えてください。
Posted by 源五郎 at 2012年05月10日 07:07
こんばんは。

私が以前勤めていた会社の中国人の方が、昔よく食べていたと言っていましたよ。

確認のため、日本産のドブガイを一緒に採りに行ってみたところ、持って帰っていました。
フライパンで炒め食べたそうです。
きっと香辛料などで臭みをなくすんでしょうね・・・。

中国で食べていた時には、たま〜に真珠が入っていたと言っていました。

Posted by いけや at 2012年05月17日 22:41
コメントありがとうございます。

中国は淡水魚もよく食べますから、臭みをなくす料理技術が進んでいるのでしょうね。

でも、私は自分では料理して食べたいとは思わないなあ…。
Posted by 源五郎 at 2012年05月18日 07:35
味噌煮で旨いと書いてありました
Posted by 平井健介 at 2013年08月01日 17:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。