2012年11月30日

ヨツボシクロヒメゲンゴロウ

国内では北海道に分布する北方系のゲンゴロウです。
体長は11~12oで、基本的にはやや金属光沢を帯びた黒色ですが、頭部に赤褐色の2個の紋と、上翅の両側と末端付近には、それぞれ縦長と丸い黄色の紋があります。
ブログヨツボシクロヒメゲンゴロウ?メス.jpg

なお、本種の近縁種としてはクロヒメゲンゴロウが知られています。図鑑には両種の区別点が示されているものの、手持ちの標本数がわずかなのもあり、同定能力が低い私にとっては自信を持って区別できないでいます。この個体はメスですが、ヨツボシクロヒメゲンゴロウのメスの腹部末端は三角形に切れ込むとあり、まあ、そんなように見えなくもなかったのと、上翅の4つの斑紋が明瞭なので本種と同定しました。でも、クロヒメゲンゴロウにも上翅の4つの斑紋は不明瞭ながらあるようですから、ちょっと自信がありません。
北海道のゲンゴロウ類では、この仲間以外にもマメゲンゴロウ属やナガケシゲンゴロウ属はどれもよく似ていて、標本数の少ない状態では比較ができずに未同定のままのものがあります。難しいですね。
posted by 源五郎 at 09:11| Comment(0) | ゲンゴロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。