2012年12月06日

タカネマメゲンゴロウ

北海道に分布するマメゲンゴロウの仲間です。
マメゲンゴロウと比べますと、体長は7〜8oと若干大きく、体型もわずかながらより細長いです。
ブログタカネマメゲンゴロウ.jpg

この仲間は分類学的にも未解決の部分があるうえ、自分の手持ちの標本数も少ないことから、写真の個体が本当にタカネマメゲンゴロウなのかあまり自信はありませんが、以下に示しましたいくつかの形態的特徴から判断しました。

オスの前脚の爪が長く、第5フ節とほぼ同長である。
ブログタカネマメ前脚2.jpg

後脚の第5フ節は第4フ節の約1.5倍の長さである。
ブログタカネマメ後脚.jpg

前胸腹板突起は両側にあまり広がらず、端部の直前で少し広がって細まる。
ブログタカネマメ前胸腹板.jpg

posted by 源五郎 at 01:14| Comment(0) | ゲンゴロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: