2013年09月14日

コツノテナガエビの額角

国内では大隅半島西南部以南に分布するテナガエビです。
河川上流域に生息し、十分な水量の流れ込みがあって少し淵のようになっているような場所で見られることが多いです。脚力が非常に強く、小型の個体であれば、指にしがみつかませると逆さになっても落ちないほどです。
和名のコツノは、額角が小さいことに由来しますが、特別に小さいというわけでもありません。なお、上縁の歯の数は6〜12(写真の個体は、先端の毛のようなものも含めれば5)、下縁は2〜4(写真の個体は3)です。
コツノテナガエビの額角.jpg

本種の特徴は、何と言っても、太いハサミ脚でしょう。大型のオスはたいへん迫力があります。ちなみに、この個体は体にコケが生えているのか黒っぽいですが、実際の体色は淡い黄褐色です。
ブログコツノテナガエビ.jpg

ハサミ脚の拡大です。
コツノテナガエビのハサミ脚.jpg

posted by 源五郎 at 22:03| Comment(0) | 甲殻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: