2014年04月29日

ショキタテナガノエラヤドリ

前回紹介しましたショキタテナガエビの鰓腔(頭胸甲と鰓の間)に寄生する甲殻類の一種です。等脚類(ダンゴムシの仲間)に属します。その存在は古くから知られていたようで、私自身もちょうど今から20年前に西表島でショキタテナガエビを見つけた際、本種に寄生された姿を見て「気持ち悪いなぁ」と思った記憶がありますが、新種記載されたのは2010年と比較的最近のことです。

寄生された側の頭胸甲は膨らみ、淡く黄色い姿が透けて見えますので、寄生されていればすぐにわかります。
ショキタテナガノエラヤドリ1.jpg

鰓腔から取り出した姿です。これは背面です。
ショキタテナガノエラヤドリ2.jpg

そしてこれは腹面です。頭は左側、腹部は右側で、体の両側には小さな脚が並んでいます。なお、写真の個体は雌ですが、腹部には体が細くて小さい雄がくっついています(分かりにくいですが、雌の腹部中央に頭を左にしてくっついています)。どのタイミングでショキタテナガエビに寄生するのか、どうやって繁殖し雄と雌が出会うのか、不思議ですね。
ショキタテナガノエラヤドリ3.jpg

ショキタテナガエビは西表島固有種でありますので、本種も西表島固有種です。かつては気持ち悪いなと思ってしまいましたが、その希少性に加え、改めて見ると丸っこて脚も短く、なかなか可愛らしく思えてきました。

posted by 源五郎 at 08:18| Comment(0) | 甲殻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: