2014年05月17日

タイコウチ

国内では本州〜九州と、南西諸島に分布する大型の水生半翅です。南西諸島では、近年確認されているのは奄美大島くらいで絶滅が危惧されますが、本土では数は減らしているもののまだまだ姿を見かけます。
ブログタイコウチ.jpg

池でも確認できることがありますが、私の経験では、田んぼや湿地などの水深の浅い泥底で多く見られるような気がします。また、姿を隠すために積極的に背に泥をかける姿も見られます。下は、後脚を使って背に泥を器用にかけている様子です。
背に泥をかけるタイコウチメス.jpg

体全体に泥がかかると、姿を見つけるのは容易でなくなります。
泥を背負うタイコウチ2.jpg

最後は、交尾のためにオスがメスの背に乗っているところです。
タイコウチ交尾.jpg

2014年6月1日追記
タイコウチの卵です。岸近くの湿った泥の中に10個ほどまとめて産み付けられていました。1個1個の卵には、呼吸のためとされる突起がそれぞれ8〜9本あります。
タイコウチ卵.jpg



posted by 源五郎 at 00:15| Comment(0) | 水生半翅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: