2014年08月27日

マツモムシ

国内では北海道から九州まで広く分布する水生半翅の一種です。止水域に生息する普通種で、時には防火用貯水池や公園の池などにも見られます。
体長は12〜14oほどです。黒い体に、黄色い模様が特徴です。
これはオスの個体です。
マツモムシ3.jpg

そしてこれは本種の終齢(5齢)幼虫です。緑がかった乳白色がきれいです。
マツモムシ5齢幼虫.jpg

幼虫・成虫ともに、背面を下にして水面でじっとしていることが多く、主に水面に落ちたほかの昆虫などを襲って食べます。

繁殖期は初夏です。これは交尾の様子です。
マツモムシの交尾.jpg

卵は水草などの表面に産み付けられます。
マツモムシ卵.jpg
posted by 源五郎 at 05:45| Comment(0) | 水生半翅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。