2015年01月03日

八重山へA

前回の続きです。
石垣島では河川でテナガエビを探しました。
特に調査研究をしているわけではありませんが、テナガエビの仲間はカッコよくて生息地にはつい足を運んでしまいます。

どこにでもいるコンジンテナガエビ。写真の個体は小さいですが、日本最大のテナガエビです。
八重山17.jpg

河川上流に生息するコツノテナガエビ。
写真の個体は幼体です。成体になると、第二胸脚(ハサミ脚)がグローブのように太くなるカッコイイテナガエビです。
八重山19.jpg

いつ採集しても嬉しいのがこのツブテナガエビ。河川の流れの早い瀬などに生息していますが、数が少なく一度に複数見られることは稀です。オレンジと緑のストライプが綺麗です。
八重山15.jpg

河川下流域の、水深が浅く流れがある場所の石の下にいるネッタイテナガエビ。生息環境さえ掴んでしまえば容易に見つけることができますが、個体数は多いわけではなく、これも見つけるとちょっと嬉しいテナガエビです。
八重山16.jpg

そして今回一番嬉しかったのは、この(多分)カスリテナガエビです。ネッタイテナガエビとほぼ同所的に見られました。形態もよく似ています。
日本産テナガエビ類の分布状況がまだ明らかになっておらず資料も乏しかった20年ほど前、カスリテナガエビやネッタイテナガエビにはまだ和名もなく、私は両種を区別できず採集していました(模様やハサミ脚の形態が違う個体がいるなあとは思っていましたけど)。2種が混じっていることが分かってからは、探してみてもネッタイテナガエビばかりで、カスリテナガエビを見つけることがなかったのです。今回、思いがけず採集することができました。
八重山20.jpg

このほか、ミナミテナガエビ、オオテナガエビも見ることができましたので、テナガエビに関してはなかなか良い成果でした。
ただ最近、かつては特別珍しい存在ではなかったヒラアシテナガエビを見ることができません。これもとてもカッコイイテナガエビですのでいつかまた採集してみたいです。
posted by 源五郎 at 09:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。