2015年09月13日

八重山に行ってきました。

前回の記事の通り、先日まで八重山(西表・石垣)に行っておりました。
以下、現地で見てきたものを適当に紹介します。

スジモヨウフグの幼魚
ただ今、職場で飼育中。小さなフグはとにかく可愛いですね。
スジモヨウフグ幼魚.jpg

ルリボウズハゼの未成魚
ルリボウズハゼはとにかく逃げ足早いです。潜りながらの追いかけての採集では採れたことがないかもしれません(下手なだけかもしれませんけど)。
写真の個体がそうなのですが、たまにタモ網でのガサガサで入る時があります。
ルリボウズハゼ幼魚.jpg

アカボウズハゼの雌
南西諸島の希少なボウズハゼの一種です。
とは言え、3面護岸の水路で、いつ行っても数分のガサガサですぐに数個体網に入る場所があるなど、ボウズ、ルリボウズ、ナンヨウボウズを除いた中では、個人的には最も目にする種です。
アカボウズの雌.jpg

オニヌマエビ
河川中・上流域の流れの速い場所でよく見られます。
オニヌマエビ.jpg

パイン食べ放題のお店で、パインに集まっていたハエの一種(ただし写真の背景はパインではなくて、黄色いビニール袋です)。なんだか見たことないハエでしたので撮影しました。種名も何もわかりません。
ハエの仲間.jpg

アカザトウムシの仲間でしょうか?これも何だかよく分かりませんが、見たことがないグループでしたので撮影しました。
ザトウムシの仲間?.jpg

コナカハグロトンボの雌です。
コナカハグロトンボ雌.jpg

路上に出てきた(多分)イリオモテモリバッタ。よく見かけるバッタです。
イリオモテモリバッタ.jpg

西表の民宿で、机の上に出てきたヤモリの一種の子ども。「変なところに出てきちゃった」と、どこかしら困った顔をしているように見えます。
ヤモリ.jpg

ヤエヤマオオコウモリです。観測史上最速ともいわれた台風の影響で多くの木々の葉が飛ばされていたせいか、今回は昼間でも枝にぶら下がっている姿をよく見かけました。
ヤエヤマオオコウモリ.jpg

西表島の水田にいた馬。雑草を食べているのかと思いきや、無心に稲穂を食べていました。問題ないのでしょうか?
水田の馬.jpg

サンゴを食害することで有名なオニヒトデ。岸際の桟橋下にいました。初めて見ましたが、いかにも刺しそうな雰囲気のあるヒトデです。
オニヒトデ.jpg

西表島にて、20年ぶりくらいに鈴石を取りに行きました。学生の頃、私が西表島に行ったときは、民宿で出会った人たちと一緒にこの鈴石取りによく出かけたものです。今でも島の民宿や喫茶店に置いてあるのを見かけることがありますが、取りに行くという話は聞かなくなりました。ピントがずれていますが、写真は掘り出したばかりの鈴石です。振るとサラサラと音が鳴ります。
鈴石.jpg

割れた鈴石もよく見つかります。
形成過程は分かりませんが、酸化鉄でできているとのことで、空洞部分に小石等のかけらがあると振った時に音が鳴ります。私は見たことがありませんが、ごくまれに水が入っているものがあるそうで、それは水石と呼ばれています。
鈴石2.jpg

離島の自動販売機は、注意してみると「何コレ?」と驚かされることがしばしばあります。
これは西表島の某スーパー前の自動販売機です。
さんぴん茶の値段.jpg
分かりにくいかもしれませんが、さんぴん茶がなぜか3段ともに置いてあり、上段のロング缶と中段のショート缶が120円で同じ値段です。しかも、なぜか下段のショート缶だけが130円!
で、ためしに120円を入れてみましたが、下段の130円表記のさんぴん茶のボタンもちゃんと光りました。

石垣島の公設市場の裏の通りにある本屋さん。県産本が多く、いつも何冊か買ってしまいます。
石垣島の本屋.jpg

石垣島の、空港と於茂登トンネルの間くらいにあるお弁当屋の「とろぴかるはうす」。ここのフライドチキンが美味しくて、よく利用します。
P9030450.JPG

3種あるうちの小麦チキン。これも美味しいですが、個人的には、素あげチキンというのが一番気に入ってます(夢中で食べてしまったので写真を撮れず…)。
P9030452.JPG

石垣島のヤシ館。地方にいくと、博物館のようで博物館ではない「怪しい展示施設」をしばしばみかけますが、ここの展示物は信頼できるものが置いてあり、特にヤシに興味があるわけではありませんがお気に入りの施設の一つです。このように、展示物がきれいに整然と並んでいるのを見ると「気持ちいい」と感じるのは私だけでしょうか(笑)。
建物そのものもかっこよく、掃除も行き渡っておりきれいです。ただし(ここでは具体的に述べませんが)トイレのつくりはちょっと驚きでした。
ヤシ館02.jpg
posted by 源五郎 at 08:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: