2011年12月23日

ヒメコガシラミズムシ

ヒメコガシラミズムシ属の1種です。ヒメと名が付いていますが、日本産のコガシラミズムシ類の中では他種よりも一回りほど大きいです。
ヒメコガシラ?福岡.JPG

本種の特徴のひとつとして、頭部にT字型(逆凸字型)の黒斑があることが挙げられますが、この特徴はクロホシコガシラミズムシにもあります。両種は鞘翅の斑紋のパターンもよく似ていて、しかも斑紋の程度には個体差があることから、時々、どちらなのか迷う個体もいます(私の勉強不足と同定能力の無さによるものかもしれませんけど)。
そういえば、月刊むしの最新号に日本産ヨモギハムシ図鑑が出ていましたが、是非どなたかに日本産コガシラミズムシ図鑑を出して欲しいな、と思った次第です。

これで、手持ちのコガシラミズムシ類の写真は出しつくしました。
来年は、北海道に産するというチビコガシラミズムシを是非見てみたいです。
posted by 源五郎 at 16:33| Comment(2) | コガシラミズムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

シナコガシラミズムシ

南西諸島に生息するコガシラミズムシ属の1種です。
コガシラミズムシによく似ていますが、眼の間に2個の黒い点がある(コガシラミズムシにはない)ことで見分けられます。
ブログシナコガシラミズムシ.JPG
posted by 源五郎 at 00:27| Comment(0) | コガシラミズムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

コガシラミズムシ

いわゆるタダコガシラです。コガシラミズムシの仲間の中では最も目にする機会は多いですが、近年は減少傾向にあると思います。
本種と、次回紹介する予定のシナコガシラミズムシはコガシラミズムシ属に属します。
ブログコガシラミズムシ.jpg

2014年5月15日追記
コガシラミズムシの交尾です。
コガシラミズムシの交尾1.jpg

コガシラミズムシの交尾2.jpg

コガシラミズムシの卵です。アオミドロに産み付けられていました。一番下の濃褐色のは孵化して幼虫が抜け出た後の卵の殻です。
コガシラミズムシ卵.jpg

コガシラミズムシの幼虫です。
多くの長い毛が生えているのが特徴です。アオミドロを食べます。
コガシラミズムシ幼虫.jpg

2014年5月28日追記
飼育していた幼虫が蛹になりました。ゲンゴロウ類の蛹はピクピク動きますが、見ている限り本種の蛹は動くことはありませんでした。また、幼虫同様に蛹にも毛が生えていますがどういう意味があるのか不思議です。蛹にあるこの毛は結構硬く、蛹が直接蛹室につくことなく浮いた状態になっています。これが蛹の時期にとって、もしくは羽化時にとって何か有効なのかもしれません。
コガシラミズムシの蛹.jpg

2014年6月28日追記
羽化直後の様子です。ちなみに、詳しく調べていませんが、蛹になってから1週間ほどで羽化しました。まだ体が白く、弱々しいです。
コガシラミズムシ羽化.jpg

羽化してから約4時間たった様子です。だいぶ、色もついてきました。
コガシラミズムシ羽化2.jpg









posted by 源五郎 at 00:36| Comment(0) | コガシラミズムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

コウトウコガシラミズムシ

南西諸島に生息するヒメコガシラミズムシ属の1種です。
ブログコウトウコガシラミズムシ.JPG
posted by 源五郎 at 22:41| Comment(0) | コガシラミズムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

キイロコガシラミズムシ

キイロコガシラミズムシは鞘翅にはっきりとした模様がなく、明るい感じのするコガシラミズムシです。
眼にする機会はあまり多くありません。
ブログキイロコガシラミズムシ.JPG
posted by 源五郎 at 01:41| Comment(0) | コガシラミズムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

クビボソコガシラミズムシ

しばらくコガシラミズムシ類の紹介続けます。
今回はクビボソコガシラミズムシです。本種と前回紹介したカミヤコガシラミズムシは頭部が黒いですが、本種は鞘翅にそれほど模様がありません。
湿地でも採集したこともありますが、近くに湧水があり、流れが緩やかな河川の植物がある場所で見ることが多いです。
ブログクビボソコガシラミズムシ.JPG
posted by 源五郎 at 16:08| Comment(0) | コガシラミズムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

カミヤコガシラミズムシ

続いてカミヤコガシラミズムシです。本州固有種です。
生息地は極めて限られていますので、ヒメコガシラミズムシ属の中でも特に絶滅の危険性が高い種ではないでしょうか。
ブログカミヤコガシラミズムシ.JPG
posted by 源五郎 at 17:06| Comment(0) | コガシラミズムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

クロホシコガシラミズムシ

マダラコガシラミズムシに続いて、クロホシコガシラミズムシを紹介します。
もともと、記録は多くない上に、近年はさらに減少傾向にあるようです。
ブログクロホシコガシラミズムシ.jpg
posted by 源五郎 at 20:07| Comment(0) | コガシラミズムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

マダラコガシラミズムシ

謎多きコガシラミズムシの一種、マダラコガシラミズムシです。
ヒメコガシラミズムシ属はいずれもなかなかみられませんが、このマダラコガシラミズムシは、珍しいながらも他種と比較すると目にする機会は多いです。

この個体は千葉県産です。スタンダードな模様をしています。
ブログマダラコガシラ.JPG
こちらは青森県産。全体的に黒い部分が太いです。地域変異でしょうか?
ブログマダラコガシラ.JPG

2014年9月19日追記
蛹の写真を加えました。
マダラコガシラミズムシの蛹.jpg
posted by 源五郎 at 22:40| Comment(1) | コガシラミズムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。