2015年08月29日

ビギナーズラックではありませんでした。

先日書き込んだ千葉県初記録?の話ですが、もう一度精査してみたところ、普通種と同定されました。
このブログを読んでくださっているみなさん、お騒がせしました。

本種の同定に際して資料を送ってくださったY富さん、ありがとうございました(このブログを読んでくださっているかはわかりませんけど)。

明日からは西表島に行ってきます。
posted by 源五郎 at 18:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

ビギナーズラック

本年度ゼミに所属した千葉県出身の女子学生が、夏休みということで帰省していた実家から戻ってきました。
その際、実家の近くの田んぼで水生昆虫を採ってきたということでした。「うんうん、良い心がけだなあ」と思いつつ容器を見てみると、タッパーの中でちょこまかとガムシの仲間がせわしなく泳いでいました。
まあ、この辺(神奈川)にもいるあの普通種だろう、と思っていたのですが、念のため交尾器を抜いてみると・・・、なんと千葉県初記録と思われるガムシでした。しかも、私自身初めて見る種でした。
関東でも記録はきわめて少なく(1例のみ?)、北限記録ではありませんが、経度でみればおそらく東限記録です。
こんなことってなかなかないなあと思いつつ、だから昆虫採集は面白いなと思った次第です。


posted by 源五郎 at 19:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

また、「ツヤセスジアメンボ」に写真を加えました。

3・4齢幼虫の写真を追加し、5齢幼虫の写真を差し替えました。http://gengoroh.seesaa.net/article/422610814.html
posted by 源五郎 at 19:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

「ヒメミズカマキリ」に写真を加えました。

成虫の写真と卵の写真を加えました。
http://gengoroh.seesaa.net/article/233571859.html
posted by 源五郎 at 00:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

「ツヤセスジアメンボ」に写真を加えました。

卵と1・2齢幼虫の写真を加えました。
http://gengoroh.seesaa.net/article/422610814.html
posted by 源五郎 at 08:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

ツヤセスジアメンボ

国内では大東諸島と八重山諸島に分布するアメンボの一種です。
抽水植物間を好み、開放水面にはあまり出てきません。

これは雄の有翅型です。
ツヤセスジアメンボ有翅型雄.jpg

そしてこれは雄の無翅型です。
ツヤセスジアメンボ有無翅型雄.jpg

次にこれは雌の有翅型です。
ツヤセスジアメンボ有翅型雌.jpg

そしてこれは雌の無翅型です。
ツヤセスジアメンボ無翅型雌.jpg

交尾の様子です。
ツヤセスジアメンボの交尾.jpg

水草に産み付けられた本種の卵です。孵化が近く、発生が進んだ胚(孵化する前の幼虫)が透けて見えます。
不可直前の卵.jpg

1齢幼虫です。卵に脚と触覚がくっついたような格好をしてます。
1齢.jpg

2齢幼虫です。
2齢.jpg

3齢幼虫です(2015年8月26日追記)
ツヤセスジアメンボ3齢幼虫.jpg

4齢幼虫です(2015年8月26日追記)
ツヤセスジアメンボ4齢幼虫.jpg

最後にこれは終齢幼虫です。(2015年8月26日写真差し替え)
ツヤセスジアメンボ幼虫2.jpg
posted by 源五郎 at 08:03| Comment(0) | 水生半翅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

交尾器を抜く作業

本日、少し時間がありましたので、以前採集していた標本の中から、セスジゲンゴロウの仲間とトゲバゴマフガムシの仲間の交尾器を抜いてみました。

関西の同一産地で採集したセスジゲンゴロウ類のサンプルからは、セスジゲンゴロウとカンムリセスジゲンゴロウが出てきました。大きめの個体がセスジ、一回り小さい個体がカンムリセスジでした。
ちなみにこれらを採集した湿地は、採集に出かけた当時水がなかったのですが、湿地内を歩き回った後に一番湿り気の強い場所に座り込み、手が届く範囲の植物の枯死体をどかしていくことで複数個体を得ることができました。写真はその時に出てきた(おそらく)カンムリセスジゲンゴロウです。
セスジゲンゴロウの採集方法.jpg

それから、以前にブログに書きましたが、西表島でも同様の方法でチビセスジゲンゴロウとヤエヤマセスジゲンゴロウを複数得たことがあります。
http://gengoroh.seesaa.net/article/225779720.html
水生昆虫を採集している気にはなれませんが、セスジゲンゴロウ類は、水がない方が案外と効率よく採集できるのかもしれません。

話は元に戻りますが、神奈川県産のトゲバゴマフガムシは普通のトゲバゴマフガムシでした。関東でも、本種によく似たニッポントゲバゴマフガムシの記録がありますので、もしかしたらニッポンかも?と思いましたが違いました。今後も注意してみたいと思います。

posted by 源五郎 at 20:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

2015年06月05日

「オキナワマルチビガムシ」に写真を加えました。

本種の幼虫と思われる個体の写真を加えました。
http://gengoroh.seesaa.net/article/402066462.html
posted by 源五郎 at 00:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日